認知症が進みどんどん別人になる母に、本当に効果のあるサプリを!

田舎の母の認知症が進み、どんどん別人になっていくのを見てすがる思いで効果のあるサプリを探す父・・・。何とかしてあげたい!本当に効果のあるサプリはないの?

アルツハイマー型認知症どんどん進むの?その症状、進行速度は?

認知症と診断された親を持つ人にとって、これから自分の親が
どうなっていくのだろう、この認知症の症状はこれからどんどん
進むのか?すごく心配ですよね。

認知症には、アルツハイマー型、レビー小体病、脳血管性認知症など
がありますが、多くはアルツハイマー型です。

アルツハイマー認知症がどんなペースで進んでいくのか?
それを少し調べてみました。

アルツハイマー認知症のステージは、その予備軍的段階を含めると
下記の4つに分かれます。

MCI(軽度認知障害)の時期→軽度→中等度→高度

MCIは、
認知症とまでは言えない」と診断される段階で、
日常生活には影響はありません。

しかし、家族や親せきの名前が思い出せない、あるいは人と会う約束
をした日時を間違えたり、そもそも約束があったのを忘れたりという
症状があります。

自分自身あるいは周りの家族がちょっと異常だなと感じる段階です。

でも、ここで歳だから、とスルーしてしまうと後悔します。
MCIの段階で治療や訓練をすれば症状が改善され、認知症にならずに
すむというメリットがあります。

一旦、軽度以降の認知症になると、もう改善はのぞめず、その進行を
抑える治療をするほかないといわれています。

ですので、MCIの段階でてを施すことは非常に重要に
なってくるのです。

軽度アルツハイマー認知症は、
MCIの段階での「物忘れ」が少しずつ悪化していく段階です。

日付、時間、場所そして人の見当がつかなくなるなど認知能力の
変化がはっきりとあらわれます。

具体的には、自宅のトイレの場所がわからなくなる、直前にしたこと
を思い出せなくなる、同じことを何度も聞く、そして感情や人格が
変化することも・・・。

それでも、日常生活は送れる範囲内の症状です。

中等度アルツハイマー認知症は、
物忘れがさらに悪化し、過去と現在の記憶が混同しがちになる
という段階です。

過去の記憶だけはしっかりしているのですが、物忘れだけでなく、
自分のいる位置関係を把握できなくなり、徘徊が始まります。

具体的な症状は、記憶障害が悪化・錯乱が起こる、親しい家族や友人
の名前を忘れる、今までできていた家事や買い物、入浴ができなくなる、
そして適切な言葉が出てこないといった症状です。

また、幻覚や妄想などの精神症状や徘徊が見られたり、
暴力や万引きなど衝動的行動をおこすこともあります。

高度アルツハイマー認知症は、
さらにさらに言語障害が進み、会話やコミュニケーションがとれなく
なるという段階です。

歩行や飲食なども困難になり、寝たきりになるケースも。

体重が急激に減る、意識の喪失やけいれんを起こす、食事中にむせて
飲みこむのが困難になる、うめき声をあげるようになる、尿や便の
失禁が起こる、睡眠時間が増えるといった症状がでます。

さて、その認知症の進行スピードは?

MCIの段階を経て認知症を発症するまでには5、6年。
発症(軽度)すると2,3年で中等度に、そしてさらに2,3年で
高度に移行します。

高度に移行してから5~8年で寝たきりになるといわれます。

そして64歳以下で発症する若年性アルツハイマーの場合は
その進行速度が速まります。

もちろんこれには個人差はあります。

でも私の祖母の場合でも約10年で寝たきりになってしまいました。
だいたいこの進行速度と同じかな、と思います。

大事なことは、初期の段階で見つけること、そして進行をできるだけ
させない治療を医師の指導をあおぎながらするということですね。

繰り返しになりますが、MCIの段階なら復帰することも可能です。
あれ?おかしいな?と思ったら迷わず医師にかかることが大事に
なります。